非常勤ヘルパーから正社員へ

非常勤ヘルパーが正社員を目指す話はよく聞きます。
実際私がそう思っていました。
ちなみに私は40代、女性です。既婚で子どもはいません。

転職までの話

開設したばかりの介護付有料老人ホームで非常勤の介護スタッフを2年やって退職しました。入居金が1000万円以上で月額が30万円程度という高級なホームでした。

休む暇が無い

夜勤ができる人だけが常勤で、日勤帯のみの勤務の場合はずっと非常勤扱いだったのですが、その割にはミーティングなどで正社員の人と同じように残業したり休日出勤したりする義務があったのと、24時間×365日で休みなく動いているホームの大変さに疲れてしまうようちなったからです。

転職活動

介護職向けの転職サイトで探しました。
そこで見つけてた比較的家の近くにあって、通いやすい立地のデイサービスに転職しました。
正社員になったので、給料はすこしですが上がります。
正社員になったぶん、仕事の責任は重くなったかもしれませんが、ミーティング等で残業したり休日出勤したりする回数は減ったのでよかったです。誰かが休んだときのシフト応援も減りました。
人間関係は転職前も転職後も問題なく、どちらも良好でした。デイサービスのほうが規模も小さいぶん、職員の数も少なくなったのでそういう意味では楽になったかもしれません。
ただ毎日のレクリエーションがけっこう面倒くさいなと思いました。あと、利用者さんとの関係もホームに比べると浅くなるんだなあということは実感しました。

OJTの途中で辞めちゃダメ

いろいろな場所でのいろいろな働きかたがあるので、どんな働きかたをしたいのかをよく考えてから選ぶとよいと思います。
とりあえずやってみて合わなかったらすぐやめよう、という意識だとなかなか続かないし、OJTの途中でやめたりすると現場にものすごく迷惑がかかるので、それはよくないと思います。

看護師の資格取得を目標に


ヘルパーの仕事に限界を感じていたため、看護師になろうと決意しました。
給料、専門性、やりがい、社会的意義、名声。どれをとってもヘルパーと看護師では運電の差があります。
「ヘルパーなんて誰でもできるやん(笑)」と、高校の同級生にバカにされてそう決意しまいた。
まずはこのサイトを通じて日本看護ヘルパー協会にコンタクトを取っていただき、協会の支援を受けて看護学校に通おうと思っています。
日本看護ヘルパー協会について